FC2ブログ
アメリカンタックルセレクトショップHEARTS SELECT(ハーツセレクト)の情報発信ブログです。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お世話になってます。

1年の中で最も重要なトーナメントが集中する秋。細かなウエイト管理が求められるこの季節に必需品なトーナメントマーカーが入荷しました。

IMG_3062[1]

以前、販売していたトーナメントマーカーにはウエイトが記録できるボードが付属していました。

41679582.jpg

これはこれで便利なのですが、水で消えるペンを使用するので雨の中でのトーナメントではうまく利用できないことも・・・

そこで私がヘッポコトーナメンターだった頃、トーナメンター仲間から教わった雨の中でも使えて簡単に記録できるボードの作り方をご紹介します。

①以下の物をご用意下さい。
  ◆トーナメントマーカー
  ◆コルクボード(当ブログで使用しているのは段ボールです)
  ◆プラスチック画鋲(いろいろな色が入っているアソートがお勧めです)
  ◆油性マジック
  ◆定規

IMG_3096[1]

②コルクボードに縦軸が100g単位、横軸が10g単位になるよう表を書きます。100g単位はご自身が釣りをするフィールドのバスのウエイトに合わせて記入して下さい。

IMG_3100[1]

IMG_3101[1]

※紙をラミネートできる方でしたらエクセルで同じような表を作ってラミネートした後、コルクボードか発泡スチロールボードに貼り付けて作ると手間なく、何個でも作ることができます。トーナメント仲間用のボードも作ってあげて下さい♪

トーナメントマーカーの色と同じプラスチック画鋲を用意します。同じ色がない場合は白色のプラスチック画鋲を油性マジックで塗るかマーカーに記載してある数字を記入します。

IMG_3113[1]

IMG_3109[1]

以上で完成です。

実際の使い方ですが、1匹目が釣れてウエイトを計ったら850gだったとします。そしたらマーカーをバスの唇に付けてライブウェルに入れたらマーカーと同じ色のプラスチック画鋲を800g行50g列の枠の中に刺します。

IMG_3103[1]

実に簡単です♪次に620gのバスが釣れたら付けたマーカーと同じ色のプラスチック画鋲を600g行20g列の枠の中に刺します。

IMG_3106[1]

リミットを達成後、入れ替え作業になったらバスのウエイトに合わせて刺すところを変えるだけ。ボードに記入したウエイトを消したり書いたりしなくていいのでスムーズに入れ替え作業が行えます。

『これは使える!』と思った方は是非、トーナメントマーカーをお買い求め下さいませ♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。