アメリカンタックルセレクトショップHEARTS SELECT(ハーツセレクト)の情報発信ブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お世話になってます。
今回はシャローアンカーシステム スティックイットの樹脂マウントだからこそできる便利な使い方をご紹介します。


DSC05572[1]


まず、ご用意頂くのはこちら。


DSC05584[1]
ハンドクランプ

ホームセンター等で売っている強力なハンドクランプです。直径が約18mm、重量が約1.4kgのアンカーピンをしっかり保持できるハンドクランプを購入して下さい。今回はクランプの内側に硬質スポンジを貼り付けて保持力を強化してみました。

このハンドクランプをどう使うのかというと樹脂マウントに通したアンカーピンをハンドクランプを使って湖底に刺さらない位置で保持するのです。


DSC05547[1]

DSC05524[1]


こうすることでエレキで流しながらアシ際等を攻めている時に停めたいシチュエーションが来たらハンドクランプを握ってやるとアンカーピンが自重で湖底まで落ちていきますから後は手でひと押ししてやるとボートをステイすることができます。


DSC05553[1]

DSC05564[1]


樹脂マウントにアンカーピンが刺さったままの状態だと釣りづらい感じもしますが、アシ際をフリップやピッチングで攻めるならそんなに支障はありません。刺したり抜いたりする手間を考えると意外に使える方法だと思いますよ。

ご購入頂いたお客様からは『釣りするためのステイはもちろん、ラインブレイク等でリグを作り直す間にボートがポイントから流されないことに一番のメリットを感じる!』との評価を頂いているスティックイット

是非、お客様ならではの使い方をお試し下さいませ♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。