アメリカンタックルセレクトショップHEARTS SELECT(ハーツセレクト)の情報発信ブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お世話になってます。
今回はスティック イットモーターマウントセットのご紹介です。


DSC05302[1]


スティックイットがシャローアンカーとして『使える!』ということはご認識頂けていると思います。湖底に刺したアンカーピンを何と介してボートを止めるのか、これまでにご紹介してきたのは樹脂マウント・係留ロープでした。今回ご紹介するのはモーターマウントというパワーポールと同様の仕組みで止めるシステムです。


DSC05030[1]
モーターマウント

モーターマウントはアルミ製でボートにエンジンを止めているボルトを利用してリギングします。

では、実際にサウザーへの取り付けを写真を交えて説明します。取り付けにご協力頂いたのはシートのリペアやボートのコーティングでお世話になっているRIVERの山崎さん。


DSC05286[1]
利根川で開催されているTBCに参戦されているバリバリのトーナメンターです。

DSC05231[1]
山崎さんこだわりのサウザー!

①工具を使用してエンジンを止めている上側のボルトを外します。外すのは右舷側だけなのでエンジンが傾いたり脱落することはありませんが、念のため作業をする前に左舷側のボルトを増し締めしておいて下さい。


DSC05244[1]


②モーターマウントをボルトで仮止めします。


DSC05250[1]


③下側のボルトを外してモーターマウントを取り付けます。


DSC05260[1]


④上下のボルトをしっかりと締めて完了です。


DSC05263[1]

DSC05279[1]


アンカーピンを湖底に刺す時はこんな感じになります。


DSC05268[1]


スティックイットは樹脂マウントや係留ロープを使用してバウ側で固定するのが基本ですが、前後で2本差しにすればボートは完璧に止まりますので流れのが強い河川等で釣りをする方やこだわりの小型FRP艇でカッコよくスティックイットを使いたい!という方にお勧めです。ロケーションによって前後で使い分けたいというお客様向けにモーターマウント単体でも販売しております。

DSC05272[1]
ご購入はこちらからどうぞ。

使い方も止め方もいろいろなスティックイット。是非、ご検討下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。